未経験からエンジニア転職

未経験からWebエンジニアに転職するのは何歳が限界?

何歳が限界

こんにちは、RUNTEQです。

未経験からWebエンジニアを目指す方は、理由も背景も経歴も実に様々です。

RUNTEQではそんな皆さまと認識のすり合わせを行うために、無料でキャリア相談会を行っています。(キャリア相談会のお申し込みはこちらから

そして、キャリア相談会でよくお聞きするのが

「○○歳なんですが、今からでもWebエンジニアになれますか?」

というお悩みです。

 

年齢だけでWebエンジニアになれるか否かを判断することはとても難しいことです。

なぜなら同じ年齢であっても、皆さまがお持ちの経歴やスキルは全く異なり、すべてを並列して比較することはできないからです。
(Webエンジニアに必要なスキルについてはこちら

 

しかし、正直にお伝えすると、ある程度の「目安」は存在します。

 

時々、TwitterなどのSNSで「40代でエンジニアへの転職が上手くいった!」などの事例を見かけることもあります。ただしそれは、Web系ではなくSI業界であることが多いので注意が必要です。

今回は「未経験からのWebエンジニア転職」を、「年齢」という観点だけで考えた際の就職難易度についてRUNTEQ修了生の事例とともに見ていきたいと思います。

24歳以下の方

結論からお伝えすると、24歳以下の方には十分チャンスがあります

年齢を気にする必要はありません。努力次第で何にでもなれます!

 

24歳以下の皆さまからは、学歴や職歴を不安に思うご相談をよくいただきます。

  • 学歴があまり良くないが就職できるか
  • 卒業後フリーターをしていて、キャリアに空白期間があるのが不安
  • 新卒で入社した企業を数ヶ月で退職してしまった

若いからこそ将来的なキャリアがご不安になるお気持ちはよく分かります。

 

Web系の業界は他の業界に比べて学歴や職歴に寛容な風潮があります。

もちろん選考時に全く触れられないわけではありませんが、ご自身の言葉で経緯をきちんとご説明できれば、不安に思いすぎることはございません。

 

RUNTEQでは、職歴のない高卒の方でも就職がうまく行った事例があります

 

修了生の1人である廣瀬さんは、19歳でRUNTEQに入学しました。

大学受験で浪人し、同世代より1年遅れたスタートだったという廣瀬さん。

RUNTEQのカリキュラムで専門学校や職業訓練校では学ぶことが難しいエンジニアとしての自走力を養い、同年代より一足先にWebエンジニアとしてのキャリアのスタートに成功しました。

(もっと詳しく:高卒未経験からWebエンジニアに就職 浪人生から逆転成功の訳

 

また、現役大学生でRUNTEQに入学した修了生もいます。

Mitaさんは大学4年次にRUNTEQに入学し、最初は内定先のSIerで使える知識を身につけるつもりが、Web系への思いが募り方向転換。

見事翌年の春には新卒のWebエンジニアとしてお仕事を始めることに成功しました。

(もっと詳しく:新卒でSlerの内定を辞退し、Webエンジニアへの方向転換に成功!

 

初めての就職活動が心配な方もご安心ください。

キャリアアドバイザーがしっかりと自己分析から模擬面接までサポートいたします!

恐れず、ご自身の気持ちや興味に正直に、ぜひともWebエンジニアに挑戦して頂きたいです!

25-29歳までの方

RUNTEQの無料キャリア相談会にお越しくださる方の中でも、一番多いのが25歳から29歳の方です。

年齢的にもキャリア的にも今後を見据え、様々な思いを抱える時期かと思います。

 

25歳~29歳の方からよく相談いただく内容は、今後のキャリア設計を再考するものが多いように感じます。

  • 新卒で入社した企業で数年働いたので、もっと別のことに挑戦してみたい
  • 前職で業務改善に携わりエンジニア職に興味を持った、経験を活かしたい
  • 前職よりお客様に近い距離でクリエイティブな仕事をしたい

コロナ禍も相まって、今後の働き方についても今一度お考えになる方も多いようです。

 

そんな皆さまにも、朗報です!
25歳から29歳の皆さまには、やり方次第でまだまだチャンスがあります

前職で積んだ経験を活かし、しっかり努力してスキルアップしましょう。

 

RUNTEQで転職活動が成功した修了生にも、民間から公務員まで様々な経歴の方がいらっしゃいます。

 

修了生の白石さんは、新卒で入社したメーカーでの勤務経験から、自分の手で何か作りたい!という思いが高まり転職を決意。

独学を経て、さらに現場レベルの実力を身につけるためRUNTEQに入学されました。

現在はWebエンジニアとしてお金以上に価値がある「やりがい」を感じているそうです。

(もっと詳しく:自動車メーカーのサラリーマンが、Webエンジニアとしてゼロからサービスを作り出すまで

 

公務員からキャリアチェンジに成功した修了生もいます。

修了生の内海さんは、公務員時代の業務改善がきっかけでエンジニア転職を決意。

働きながらRUNTEQで学習をし現場で通用する技術を身に付けました。

未経験ながら高い技術力と前職でのビジネススキルが評価され、26歳でWebエンジニアとして自社開発企業に転職成功しました。

(もっと詳しく:地方公務員からのWebエンジニア転職 業務改善の先に見えたもの

 

また修了生の寺倉さんは、正社員のご経験がない中、Webエンジニア転職を成功させたひとりです。

ご経歴のハンデを、RUNTEQで身に付けた技術力と質問力、自身の想いと背景が反映されたポートフォリオで覆し、希望した自社開発企業に入社。

見事新しいキャリアである、Webエンジニアとしての一歩を踏み出しました。

(もっと詳しく:大学中退の派遣社員がWebエンジニア(自社開発企業)に転職するまで

 

このようにどのような経歴をお持ちでも、本人の努力次第でまだまだチャンスがあることが分かって頂けるかと思います。

 

初めての転職活動であっても、キャリアアドバイザーと一緒に前職のご実績の整理から始めることが可能です!

ぜひ前職の経験を踏まえ、目指すWebエンジニア像を固めていきましょう!

30歳-34歳までの方

一気に転職の難易度が上がって来るのが、30歳から34歳の方になります。

Webエンジニアとしての転職はかなり難しく、覚悟が必要です

なぜなら30歳以降のエンジニア転職は、技術力だけでなく今までの職歴や実績によって結果が大きく左右されてしまうからです。

 

Web系企業で歓迎されやすい職歴や実績としては、主に以下の2点が挙げられます。

  • 何かしらのマネジメント経験
  • 数字がともなう実績

今までの経歴でどのような経験や実績をされたか、一度整理することがおすすめです。

 

上記のような経験や実績をお持ちでない方は、正直にお伝えしますと転職活動が難航することがあります。

 

だからと言って、そう簡単にWebエンジニアへの道が諦められるわけがない……!という方もいらっしゃると思います。

もちろん30歳~34歳の方に全くチャンスがないというわけではございません。

おすすめのWebエンジニア転職戦略として、プログラミング学習を通して新たなご実績を作ることが挙げられます。

 

ご実績の例としては以下の方法があります。

  • 企画から運用までゼロから携わった、質の高いポートフォリオを作成する
  • コンテストに出場し賞を獲得する

 

RUNTEQではWebエンジニアの転職に必須である、ポートフォリオの作成に力を入れています。

もちろんRUNTEQで作ることができるポートフォリオは、既存サービスのクローンではありません。企画から運用まですべてゼロから作り上げることができます。

このような質の高いポートフォリオは、技術の証明になるだけでなくご自身のバックグラウンドも反映されるため、選考で目に留まりやすくなります。

 

RUNTEQでは外部のコンテストや企画への参加だけでなく、主催のポートフォリオバトルイベント「BATTLE OF RUNTEQ」にも参加が可能です。

なんとRUNTEQ修了生が3連覇を果たしているeditch

 

先日第1回が開催されたBATTLE OF RUNTEQ 企業は出場者をスカウトできるシステムが好評

 

 

皆さまご自身の努力が必須とはなりますが、RUNTEQでは質の高いポートフォリオをつくるだけでなく、ご実績を作る環境もご用意しております。

Webエンジニア転職が諦めきれない!という30歳から34歳までの皆さま。

ぜひご自身の経歴を振り返りつつ、転職活動を意識したプログラミング学習を行うのがおすすめです。

 

ご不安があれば一度、無料のキャリア相談会にてご相談いただければと思います! https://runteq.jp/

35歳以上の方

最後に35歳以上の皆さまのWebエンジニア転職事情についてお話いたします。

 

大変お伝えしにくいのですが、35歳以上の皆さまについては滅多に未経験からWebエンジニアへの転職事例を聞くことがありません

Web系の企業ではなくSIer業界であれば成功報告をお聞きすることがあります。

 

また、どうしてもという場合は副業・現職での異動を目指したスキルアップという選択肢も考えられます。

 

ただし、Web系で実務未経験の方の副業は厳しいものがあります。例えば業界に相当なコネクションがあるか、ご自身に優れた営業力がない限りは実現は難しいものです。

一方で同じ副業という観点ですと、Web制作の領域であればまだ比較的チャンスがあるかもしれません。

また現職でのお仕事の幅や知見を広げるため、異動を前提とした学習であれば、わずかながらチャンスがあるかと思います。

 

RUNTEQでは35歳以上の方の転職成功事例がなく、厳しいことを申し上げるようですが、35歳以上で未経験からWebエンジニアへの転職を目指すのはお勧めできません。

最後に

ここ数年Webエンジニアはどの年齢の方からも人気の高い職種となりました。

しかし一方で、転職の年齢に限界があることも確かです。
ご本人の努力を大前提としても、34歳が転職の限界となってしまいます。

 

もちろんRUNTEQの受講については、年齢制限は設けておりません。スキルアップのために受講なさる方も歓迎いたします。

ただし、35歳以上の方へのキャリアサポートは行っておりませんのでお気をつけください。

 

RUNTEQでは未経験からのエンジニア転職に必要な技術とマインドを学べるカリキュラムと学習環境をご用意しています。RUNTEQは本気でWebエンジニアを目指す人を応援します。

RUNTEQにご興味のある方は、まずはキャリア相談会へいらしてください。運営一同心からお待ちしております! https://runteq.jp/